1. Home
  2. 新着情報
  3. 2018年
  4. 蛇紋岩等の取扱い作業における石綿粉じん等に関する留意点について(粉じん則の規制対象)

新着情報

蛇紋岩等の取扱い作業における石綿粉じん等に関する留意点について(粉じん則の規制対象)

厚生労働省通達「蛇紋岩等の取扱い作業における石綿粉じん等に関する留意点について」(平成30年4月13日 基安労発0413第5号、基安化発0413第2号)が出されました。

蛇紋岩は、基礎工事や石垣用等の石材や砕骨材等として採石されており、石綿が含まれることがありますが、繊維状を呈していない限り石綿に関する規制は受けません。
また、蛇紋岩の破砕等で石綿の粉じんが生じる場合であってもその粉じんを他に使用しない限りは、石綿に関する規制を受けることはありません。
しかしながら、岩石の破砕等の作業は、粉じん障害防止規則の規制対象ですので、この規定に基づく措置を講じなければなりません。
本通達では、「呼吸用保護具を使用させるときは、電動ファン付き呼吸用保護具が望ましいこと。」としています。

  1. 岩石の破砕等に伴い石綿の粉じんが生じる場合であっても、当該粉じんを使用等せずに廃棄するのであれば、労働安全衛生法上禁止されている製造等には該当しないが、岩石の破砕等の作業は、粉じんに石綿が含まれるか否かを問わず、粉じん障害防止規則(昭和54年労働省令第18号。以下「粉じん則」という。)に定める粉じん作業に該当するため、事業者は、労働者の健康確保の観点から、粉じん則に基づく措置を講じなければならないこと。また、粉じん作業に係る業務に従事していた労働者の離職の際等には、じん肺健康管理手帳制度の周知を行うこと。
    なお、こうした破砕等を屋内で行う場合は、粉じん則に基づき作業環境測定を実施するとともに、局所排気装置の設置等の措置を講じる必要があることに留意すること。加えて、粉じん則に基づき労働者に呼吸用保護具を使用させるときは、電動ファン付き呼吸用保護具が望ましいこと。

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。