1. Home
  2. 新着情報
  3. 2018年
  4. 平成30年度全国安全週間実施要綱

新着情報

平成30年度全国安全週間実施要綱

「平成30年度全国安全週間実施要綱」が、平成30年3月20日に厚生労働省から出されました。
全国安全週間は、「人命尊重」という崇高な基本理念の下、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識の高揚と安全活動の定着を図ること」を目的に実施されています。
平成30年度は、「新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理 惜しまぬ努力で築くゼロ災」のスローガンの下、取り組むこととされました。

(抜粋)

2 期間

平成30年7月1日から7月7日までとする。
なお、全国安全週間の実効を上げるため、平成30年6月1日から6月30日までを準備期間とする。

3 主唱者

厚生労働省、中央労働災害防止協会

9 実施者の実施事項

  1. 継続的に実施する事項
  2. 業種の特性に応じた労働災害防止対策
  3. 建設業における労働災害防止対策
  4. 一般的事項
    1. 足場等からの墜落・転落防止対策の実施、手すり先行工法の積極的な採用、ハーネス型安全帯の積極的な使用
  5. 業種横断的な労働災害防止対策
  6. 熱中症予防対策(STOP!熱中症 クールワークキャンペーン
  7. WBGT値(暑さ指数)による適正な作業環境管理、作業管理の実施
  8. 計画的な熱への順化期間(熱に慣れ、その環境に適応する期間)の設定
  9. 自覚症状の有無にかかわらない水分・塩分の積極的摂取
  10. 熱中症の発症に影響を与えるおそれのある疾患(糖尿病等)を踏まえた健康管理
  11. 熱中症予防に関する教育の実施

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。