1. Home
  2. 新着情報
  3. 2017年
  4. 粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部が改正されました

新着情報

粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部が改正されました

粉じん障害防止規則及びじん肺法施行の一部を改正する省令(平成29年4月11日 厚生労働省令第58号)が公布され、平成29年6月1日から施行されます。
呼吸用保護具を使用させなければならない作業の範囲が広がります。
厚生労働省通達「粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部を改正する省令の施行について」(平成29年4月11日 基発0411第6号)では、以下抜粋のとおり解説しています。

第2 改正の内容

1 粉じん障害防止規則の一部改正について

(2)労働者に呼吸用保護具を使用させなければならない作業を定める粉じん則別表第3について、以下の作業を追加したこと。

  • 1 鉱物等(湿潤なものを除く。)を運搬する船舶の船倉内で鉱物等(湿潤なものを除く。)をかき落とし、又はかき集める作業に伴い清掃を行う作業(水洗する等粉じんの飛散しない方法によって行うものを除く。)
  • 2 屋外で手持式動力工具を用いて鉱物等を破砕し、又は粉砕する作業
  • 3 金属その他無機物を製錬し、又は溶融する工程において、土石又は鉱物を開放炉に投げ入れ、焼結し、湯出しし、又は鋳込みする場所における作業(転炉から湯出しし、又は金型に鋳込みする場所における作業を除く。)のうち、金属その他無機物を製錬し、又は溶融する工程において、土石又は鉱物を開放炉に投げ入れる作業

これにより、これらの作業を行う場合には、粉じん則第27条第1項に定める呼吸用保護具の使用が必要となるものであること。

Webカタログ

シゲマツオンラインショップ

当ウェブサイトでは、お客様の情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用しています。安心してご利用ください。