1. Home
  2. シゲマツ情報局
  3. 粉じん障害防止規則

シゲマツ情報局

粉じん障害防止規則(法令関係・その他)

アーク溶接や岩石又は鉱物の裁断作業を行う場合

粉じん障害防止規則

金属のアーク溶接や、岩石・鉱物を裁断する際に発生する粒子のうち、微細な粉じんは肺の奥深くまで入り込み沈着します。
この粉じんを吸引し続けると肺は線維増殖性変化をおこし呼吸が困難になる「じん肺」になります。
アーク溶接作業並びに岩石又は鉱物の裁断、彫り又は仕上げする場所における作業には、局所排気装置の普及や呼吸用保護具の着用の徹底が求められています。

粉じん障害防止規則

粉じん障害について
正常な肺
正常な肺
粉じんによって組織変化した肺(溶接工肺)
粉じんによって
組織変化した肺
(溶接工肺)
アーク溶接作業者のみなさん!防じんマスクを確実に装着していますか?

石綿(アスベスト)による発癌(中皮腫)は、その典型ですが、無害な粉じんでも長期に渡って吸引すると「じん肺」という不治の病の原因となります。
じん肺は、現代医学でも治すことができない恐ろしい病気で、肺結核、気管支炎などいろいろな病気にかかりやすくなるだけでなく、物質によってはガンを誘発するといわれています。
粉じん作業を行う場合は、粉じん発生源に局所排気装置を設置するなどの設備的な対策を講じるとともに、有効な呼吸用保護具(国家検定合格品の防じんマスク)を使用することが必要です。

防じんマスクDR28SU2K
防じんマスクカタログ
電動ファン付き呼吸用保護具カタログ
厚生労働省通達
電動ファン付き呼吸用保護具 Sy28RX2
電動ファン付き呼吸用保護具 Sy28RX2

厚生労働省通達基発0207第1号(平成24年4月1日施行)「粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部を改正する省令の施行について」が、平成24年2月7日に公布されました。

この内容は、平成24年3月に厚生労働省リーフレット「屋外で金属をアーク溶接する作業等が呼吸用保護具の使用対象になります。」で解説されています。

今回の改正は、アーク溶接作業及び岩石等の裁断等の作業は屋外においても、屋内と同等の粉じんばく露のおそれがあることが認められたことから、屋外におけるアーク溶接作業を粉じん障害防止規則(昭和54年労働省令第18号)及びじん肺法施行規則(昭和35年労働省令第6号)の規定が適用される粉じん作業とし、呼吸用保護具の使用を要する作業とするものです。

1.粉じん障害防止規則の一部改正について

(1) 別表第1関係

金属をアーク溶接する作業については、改正前の別表第1第20号において「屋内、坑内又はタンク、船舶、管、車両等の内部に」おいて行うものに限って粉じん作業として定められていたが、今般、同号の業務よりアーク溶接する作業を削除し、新たに第20号の2として「金属をアーク溶接する作業」を加えたことで、屋外において行う場合にまで粉じん作業の範囲を拡大したものであること。

(2) 別表第3関係
ア 手持式又は可搬式動力工具を用いて岩石又は鉱物を裁断し、彫り、又は仕上げする作業について(第4号関係)
呼吸用保護具の使用が必要な「手持式又は可搬式動力工具を用いて岩石又は鉱物を裁断し、彫り、又は仕上げする作業」については、「屋内又は坑内に」おいて行うものに限られていたが、屋外において行う場合にまで範囲を拡大したものであること。
なお、「可搬式動力工具」には、一箇所に継続して据え置かず場所を移動させながら使用するため、粉じん発生源に対する発散抑止措置を講ずることが困難な自動穿孔機等の機械を含むものであること。
イ 金属をアーク溶接する作業について(第14号関係)
呼吸用保護具の使用が必要な「金属をアーク溶接する作業」については、「屋内、坑内又はタンク、船舶、管、車両等の内部に」おいて行うものに限られていたが、屋外において行う場合にまで範囲を拡大したものであること。

2.じん肺法施行規則の一部改正について

(1) 別表関係

金属をアーク溶接する作業については、改正前の別表第20号において「屋内、坑内又はタンク、船舶、管、車両等の内部に」おいて行うものに限って粉じん作業として定められていたが、今般、同号の業務よりアーク溶接する作業を削除し、新たに第20号の2として「金属をアーク溶接する作業」を加えたことで、屋外において行う場合にまで粉じん作業の範囲を拡大したものであること。